建築基準法42条2項道路とは?

建築基準法42条2項道路とは?

建築基準法42条2項道路とは?

 

 

 

 

都市計画法申請の要件の中には、建築基準法第42条2項道路という要件があります。
都市計画法申請なのに建築基準法??と思ってしまうかもしれません。

 

建物を建築すると一言で言っても、そこには様々な法律と手続きが関わってきます。住宅を建てるなら、建てる土地、その敷地に接道する道路、排水するなら水路・・・という具合です。

 

そういった中でも、建築基準法第42条2項道路(二項道路)はみなし道路とも呼ばれます。

 

二項道路は、建築基準法という法律ができた昭和25年11月23日現在において、すでに建物が建ち並んでいた4m未満の道路で行政庁が指定した道路のことです。

 

現行の建築基準法によれば、都市計画区域内で建物を新築する場合、接道している道路の幅員が4m以上なければ新築できません。
ただ、4m未満というだけで利用できなくなってしまう敷地を救済する規定として42条2項という法律があります。

 

 

セットバック

 

二項道路に接道して建物を建築する場合、道路幅を将来的に4m確保できるようセットバックしなければなりません。
セットバックとは、建物を建てる際、基本的に道路の中心から2m下がって建築をすることです。

 

道路の中心から2m下がった所には、建造物を築造することはできません。セットバックしたからといって、その下がった範囲の分お金をくれることもありません。自主的に後退するが市の道路ではない、正に「みなし」道路です。
ただ、セットバックしない限り建物を建てられないため、規定に従うほかありません。
セットバックの参考図1
ちなみに、道路を挟んで向かい側(対側側)が崖や河川の場合、崖や河川と道路との境界から4m確保するようになります。(一方後退)
セットバックの参考図1
また、二項道路に接している建物を建て直す場合も、新築する場合と同様にセットバックしなければなりません。

 

二項道路の確認は、浜松市の場合市役所の建築行政課または、浜松市ホームページの指定道路図のページから確認できます。

 

 

些細なことでもお気軽にご相談ください(^^)


農地転用申請や土地手続きでお悩みの方は、下記の方法(お電話・メール)でお気軽にお問い合わせください。

[注意!]農地転用許可申請は毎月締切日が決まっているので、農地転用を計画している方はお早めにご相談ください。(締切日はページ一番下参照)

「こんなこと聞いていいのかなぁ・・・」なんて悩まないでください!

行政書士は「街の法律家」と呼ばれ、行政と市民の皆様の架け橋です。
土地の手続きに関する疑問はどんな些細なことでもご質問・ご相談ください。
ご質問・ご相談・お見積りは完全無料です(^^)

※市町村によって多少手続きのルールが異なりますので、対応可能エリア(静岡県西部、愛知県東部)以外の土地に関するご質問については、大変恐れ入りますが正確な回答ができない場合があります。

お電話のお問い合わせはこちら
(8:00〜21:00 土日祝日も対応可能)

с{タン

担当行政書士の南部へつながります。
不在の場合は着信履歴より折り返しお電話いたします。

メールのお問い合わせはこちら。

メールボタン



行政書士南部事務所
代表者:行政書士 南部 拓真
〒430-0907
住所 : 浜松市中区高林三丁目13番25号
TEL : 070-1615-9377 Mail : taku0505@rx.tnc.ne.jp
営業時間 : 8時〜21時 土日祝対応可能(※ご面談は要予約)
代表者プロフィール

関連ページ

市街化区域と市街化調整区域
市街化区域と市街化調整区域についてご説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトマップ(目次) 事務所ご紹介 代表者ご紹介 許可までの流れ 料金のご案内 お問合せ 農地Q&A