農地の相続・遺贈について

農地の相続・遺贈について

農地の相続・遺贈

 

 

 

農地を持っていた方がお亡くなりになった場合、相続によりその農地も配偶者や子に相続されます。
このページでは、農地について相続や遺贈が生じる場合の知識についてご紹介します。

 

 

農家でもないのに農地を取得できるのか?

 

農地を売買・貸借する(3条許可)のページで、農地を取得できる人について次のように掲載しています。

 

「 受け手(買主・借主・)は、農業をしていることが条件 」

 

これに習うと相続による場合でも、一定条件を満たす農業者でなければ農地は相続できないと思ってしまいます。
しかし、農地の取得について次の3つの例外があります。

 

  1. 相続
  2.  

  3. 遺贈(包括遺贈、相続人に対する特定遺贈)
  4.  

  5. 時効取得

 

これらの事情により農地を取得する場合には、取得者が農業者でなくても農地を取得することができます

 

 

遺贈とは?

 

遺贈とは、遺言によって自分の財産を相続人や相続人以外の者にあげることです。
遺贈には包括遺贈特定遺贈の2種類があります。

 

  • 包括遺贈

    遺産の全部または一定割合を遺贈すること。
    例 所有財産の50%を妻に、残り50%を子に相続させる

  •  

  • 特定遺贈

    遺産を具体的に特定して遺贈すること。
    例 所有地〇〇町〇〇番の土地を妻に相続させる

 

農地法では、包括遺贈と相続人に対する特定遺贈について、農業者である必要はないとしています。
ここで注意するのは相続人に対するというところです。
相続人(配偶者、子、親、兄弟など)以外に特定遺贈の方法で財産を遺贈する際には、農地法3条許可申請が必要になり、農業者でないと取得できないので注意しましょう。

 

 

時効取得とは?

 

時効取得とは一定期間以上、自己所有の意思をもって対象物を占有した場合に、取得を認められるものです。
具体的に民法(162条)では次のように記載されています。

 

  • 20年間、所有の意思をもって、平穏かつ公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。
  •  

  • 10年間、所有の意思をもって、平穏かつ公然と他人の者を占有した者は、その占有時に善意であり、かつ、過失がなかったときはその所有権を取得する。

 

上記のいずれかに該当している場合、法律上は時効取得の条件に当てはまるといえます。

 

 

農地を取得したら手続きが必要?

 

農地を相続、遺贈によって取得した場合は、農地法3条届出の手続きが必要です。

 

届出をしなかったり、虚偽の届出をした場合には、罰則の規定があるので注意しましょう。

 

 

農地を相続したけど、実は困ってます・・・

 

農地を相続や遺贈によって取得された方でも、自分が農業者でない場合は持て余してしまっていませんか?
特に青地農地や転用が難しい農地など、農業にしか利用できない農地ですと尚更です。

 

そのような場合には、市の農業委員会へ申込みをして、農地を借りたい人・買いたい人を募ってもらう方法があります。

 

具体的には次のような手順で行われます。

 

  1. 農業委員会へ申込書を提出
  2.  

  3. 対象の農地が登録され、取得希望者に公開
  4.  

  5. 問合せがあり次第、双方に連絡がいく
  6.  

  7. 双方合意のうえ、市で手続きがされる
  8.  

  9. 市で決定後、公告をもって効力が発生

 

この方法ならば、ご自分で希望者を探す手間はありませんし、双方で契約する際にも市があいだに入ってくれるので安心です。

 

また、農業委員会法が平成27年9月に改正され、農地の適正利用に関する事務の推進について重点化されました。
これにより、農業の担い手への集積や耕作放棄地の発生防止、新規参入などのサポートが活発化されていくと思われます。
なので、農地の利用にお困りの方は市役所の農業委員会へ一度ご相談されることをおすすめします。

 

詳しくは浜松市のホームページでご確認ください。

 

 

些細なことでもお気軽にご相談ください(^^)


農地転用申請や土地手続きでお悩みの方は、下記の方法(お電話・メール)でお気軽にお問い合わせください。

[注意!]農地転用許可申請は毎月締切日が決まっているので、農地転用を計画している方はお早めにご相談ください。(締切日はページ一番下参照)

「こんなこと聞いていいのかなぁ・・・」なんて悩まないでください!

行政書士は「街の法律家」と呼ばれ、行政と市民の皆様の架け橋です。
土地の手続きに関する疑問はどんな些細なことでもご質問・ご相談ください。
ご質問・ご相談・お見積りは完全無料です(^^)

※市町村によって多少手続きのルールが異なりますので、対応可能エリア(静岡県西部、愛知県東部)以外の土地に関するご質問については、大変恐れ入りますが正確な回答ができない場合があります。

お電話のお問い合わせはこちら
(8:00〜21:00 土日祝日も対応可能)

с{タン

担当行政書士の南部へつながります。
不在の場合は着信履歴より折り返しお電話いたします。

メールのお問い合わせはこちら。

メールボタン



行政書士南部事務所
代表者:行政書士 南部 拓真
〒430-0907
住所 : 浜松市中区高林三丁目13番25号
TEL : 070-1615-9377 Mail : taku0505@rx.tnc.ne.jp
営業時間 : 8時〜21時 土日祝対応可能(※ご面談は要予約)
代表者プロフィール

関連ページ

農地について
農地法で定義する農地等についてご説明しています。
無断転用地の対応
農地法の手続きをされていない無断転用地とその対応方法についてご説明しています。
農地転用できる土地
農地転用できる土地なのか判断する基準である農地区分についてご説明しています。
青地と白地
青地農地と白地農地について解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトマップ(目次) 事務所ご紹介 代表者ご紹介 許可までの流れ 料金のご案内 お問合せ 農地Q&A