除外申請(農振除外)

除外申請(農振除外)

除外申請(農振除外)とは

 

 

 

 

除外申請ってどういう手続き?

 

除外申請(農振除外)は、青地農地(農用地区域内農地)を農地転用するために必要な手続きです。

 

青地農地は原則的に農地転用できない土地です。
しかし、農地転用できないと日常生活やお仕事に支障が生じてしまうこともあります。
例えば・・・

 

  • 唯一持っている自己所有の土地に子供のマイホームを建てさせてあげたい
  •  

  • 自分のお店の駐車場がとても狭く、業務に支障が生じてしまっている

 

このようにどうしても青地農地を使わなければならない理由がある場合は、「農用地除外申請(農振除外)」をすることで農地転用できるようになります。

 

 

「農用地区域内農地」とは、農振法の規定により市町村が定める農業振興地域整備計画において、農用地等として利用すべき土地として定められた区域内にある農地等のことをいい、青地農地と呼ばれています。

 

 

例えばどんな人がする手続き?

 

除外申請(農振除外)はこのような方のための手続きです。

 

  • 青地農地に自己用住宅を建てたい
  •  

  • 店舗を営業しているが隣の畑の一部を譲ってもらい駐車場を拡張したい
  •  

  • 近場の農地を転用して資材置場として利用したい

 

 

青地農地で農業用施設(農業用倉庫など)の建築を計画している方は青地農地で農業用施設の建築(軽微変更)をご確認ください!

 

 

除外申請(農振除外)の内容と費用

 

除外申請は農地転用の手続きと比べて期間が長く審査が厳しいです。
関係各課と事前協議をしっかり行ってから申請書類を準備していきます。

 

添付書類

 

  • 農用地利用計画変更事前審査調書(申請書)
  • 土地登記事項証明書
  • 位置図
  • 公図写し
  • 計画配置図
  • 事業計画概要書
  • 規模決定の根拠
  • 他候補地を探した経緯(検討表)
  • 検討地の案内図
  • 現場写真
  • その他関係各課が求める書類

 

 

除外申請の要件(農振法)

 

除外申請では次の条件を満たしていなければなりません。(農振法)

 

  1. 農地以外の用途に供することが必要かつ適当であり、他の土地で代えることができないこと

    (その土地でしか計画を実行することができないこと)

  2.  

  3. 農用地区域内農地の集団化、農作業の効率化および農業上の効率的かつ総合的な利用に支障がないこと

    (除外する農地ができるだけ周辺部にあり、残る農地の利用に影響がないこと)

  4.  

  5. 担い手の農地利用集積に支障を及ぼすおそれがないこと
  6.  

  7. 農用地区域内の土地改良施設の機能に支障がないこと

    (用水施設、防風林、農道等土地改良施設の維持管理に支障がなく除外前と同様の機能が確保されること)

  8.  

  9. 農業生産基盤整備事業の工事が完了した年度の翌年度から起算して8年経過した土地であること

 

除外申請では申請地の利用計画が明確でほかにその計画を実行できる土地がないことが条件です。
また、申請地以外の周辺の農地利用に支障が起きないことや土地改良施設への影響がないことも条件です。

 

なので、申請の際には申請人(およびその親族)が持っている土地の調査や市役所・土地改良区(水利組合)などの関係機関への協議が欠かせません。

 

 

除外申請(農振除外)にかかる期間

 

浜松市では年2回(3月・8月)のみ受付されています。
書類申請から完了まで半年以上(7ヵ月〜10ヵ月程度)期間がかかります。

 

 

除外申請(農振除外)の費用

 

当事務所では下記の金額で手続きの代行をお受けしております。

  • 住宅・駐車場・資材置場等 120,000円(税抜)〜
  •  

  • 店舗・工場 150,000円(税抜)〜

 

※手続きの必要諸経費は含まれていません。また、申請土地の面積が1,000uを超える場合は金額が変動する可能性があります。

 

ご相談・お見積り・簡易調査は完全無料です。

 

 

関係する土地の測量登記手続きも土地家屋調査士と連携してワンストップで対応することができます。

 

除外申請はお任せください!

青地農地の農地転用手順
@ 除外申請(7ヵ月〜10ヵ月程度)
     ↓
A 除外申請完了
     ↓
B 農地転用申請・都市計画法申請・土地改良区手続(1ヵ月)
     ↓
C 農地転用完了
     ↓
D 工事着工

 

除外申請は浜松市の場合年2回(3月と8月)しか受付されておらず、書類提出から完了まで半年以上(7ヵ月〜10ヵ月程度)期間がかかってしまいます。
なので、一度逃してしまうと次の申請まで数ヵ月待たなければならず計画に大きく影響してしまいします。

 

当事務所では除外申請について、住宅・店舗・工場・駐車場・資材置場など多くの案件を経験しておりますので、ご安心してご依頼いただけます。

 

除外申請に関わる条件の確認方法や内容がよく分からずお困りの場合は、些細なことでも当事務所までお気軽にお問い合わせください(^^)

 

 

 

些細なことでもお気軽にご相談ください(^^)


農地転用申請や土地手続きでお悩みの方は、下記の方法(お電話・メール)でお気軽にお問い合わせください。

[注意!]農地転用許可申請は毎月締切日が決まっているので、農地転用を計画している方はお早めにご相談ください。(締切日はページ一番下参照)

「こんなこと聞いていいのかなぁ・・・」なんて悩まないでください!

行政書士は「街の法律家」と呼ばれ、行政と市民の皆様の架け橋です。
土地の手続きに関する疑問はどんな些細なことでもご質問・ご相談ください。
ご質問・ご相談・お見積りは完全無料です(^^)

※市町村によって多少手続きのルールが異なりますので、対応可能エリア(静岡県西部、愛知県東部)以外の土地に関するご質問については、大変恐れ入りますが正確な回答ができない場合があります。

お電話のお問い合わせはこちら
(8:00〜21:00 土日祝日も対応可能)

с{タン

担当行政書士の南部へつながります。
不在の場合は着信履歴より折り返しお電話いたします。

メールのお問い合わせはこちら。

メールボタン



行政書士南部事務所
代表者:行政書士 南部 拓真
〒430-0907
住所 : 浜松市中区高林三丁目13番25号
TEL : 070-1615-9377 Mail : taku0505@rx.tnc.ne.jp
営業時間 : 8時〜21時 土日祝対応可能(※ご面談は要予約)
代表者プロフィール

関連ページ

農地を売買・貸借する(3条許可)
農地を耕作する目的で売買、貸借、贈与、その他権利の設定などするときの手続きです。
農地を相続した(3条届出)
農地を相続したときにする手続きです。
農地転用する(4条・5条)
農地を耕作以外の目的(住宅、駐車場、資材置場、太陽光パネルなど)で利用したい場合にする手続きです。
青地農地で農業用施設の建築(軽微変更)
青地農地(農用地区域内農地)に農業用施設を建築したい場合にする手続きです。
農地ではない証明(非農地証明申請)
本来農地である土地が長年農地として利用されず、現在農地でないことの証明をする手続きです。
農業用施設証明申請
200u以内の自己所有農地に農業用施設を建築したい場合にする手続きです。
農地転用が終わった後の手続き(転確)
農地転用が完了した後にする手続きです。
農地転用後は地目変更を忘れずに!
転確と同様で農地転用完了後にする登記地目の変更についてご説明しています。
土地改良区申請
農地転用の際に土地改良区へする手続きです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトマップ(目次) 事務所ご紹介 代表者ご紹介 許可までの流れ 料金のご案内 お問合せ 農地Q&A