農地転用後は地目変更について

農地転用後は地目変更を忘れずに!

農地転用の許可が下りても地目は変わりません!

 

 

 

 

「えっ!どうゆうこと?」

 

農地転用の許可が下り、工事が完了しても登記簿の地目は自動的には変わりません。
農地転用の許可は「農地を別の目的に使ってもいいですよ」と市が許可するものなので、地目までは変えてくれません。

 

不動産登記法では土地の地目が変わった日から1ヵ月以内に地目変更登記をしなければ、10万円以下の過料に処せられると規定されています。

 

また、他の自己所有地を農地転用するときに支障がでてしまう可能性があります。意外と地目が農地のままになっていることがありますのでしっかり地目変更は忘れずに行う必要があります。

 

 

「転確」と「地目変更」

 

地目を変えるには、転用事実確認願と地目変更登記の手続きをします。

 

@ 農地転用事実確認願
略して「転確」と呼ばれ、市の農業委員会へ農地転用事実確認願と工事完了報告書という書類を提出します。
工事が終わり、農地転用できたことを確認してもらう手続きです。実際に農業委員会の担当者が現地を確認し、証明を交付されます。

 

農地転用が完了したことを市が証明したお墨付きの書類です。

 

A 地目変更登記
法務局へ地目変更登記の申請をします。申請をするときに@で取得した転確の証明書を添付して申請します。

 

この2つの手続きを経てようやくすべての手続きが終わったといえます。

農地転用事実確認願の手続きは行政書士が担当しますが、地目変更登記は土地家屋調査士でないとできません。
当事務所は土地家屋調査士と提携しておりますので、ご安心してすべての手続きをお任せいただけます。

 

 

些細なことでもお気軽にご相談ください(^^)


農地転用申請や土地手続きでお悩みの方は、下記の方法(お電話・メール)でお気軽にお問い合わせください。

[注意!]農地転用許可申請は毎月締切日が決まっているので、農地転用を計画している方はお早めにご相談ください。(締切日はページ一番下参照)

「こんなこと聞いていいのかなぁ・・・」なんて悩まないでください!

行政書士は「街の法律家」と呼ばれ、行政と市民の皆様の架け橋です。
土地の手続きに関する疑問はどんな些細なことでもご質問・ご相談ください。
ご質問・ご相談・お見積りは完全無料です(^^)

※市町村によって多少手続きのルールが異なりますので、対応可能エリア(静岡県西部、愛知県東部)以外の土地に関するご質問については、大変恐れ入りますが正確な回答ができない場合があります。

お電話のお問い合わせはこちら
(8:00〜21:00 土日祝日も対応可能)

с{タン

担当行政書士の南部へつながります。
不在の場合は着信履歴より折り返しお電話いたします。

メールのお問い合わせはこちら。

メールボタン



行政書士南部事務所
代表者:行政書士 南部 拓真
〒430-0907
住所 : 浜松市中区高林三丁目13番25号
TEL : 070-1615-9377 Mail : taku0505@rx.tnc.ne.jp
営業時間 : 8時〜21時 土日祝対応可能(※ご面談は要予約)
代表者プロフィール

関連ページ

農地を売買・貸借する(3条許可)
農地を耕作する目的で売買、貸借、贈与、その他権利の設定などするときの手続きです。
農地を相続した(3条届出)
農地を相続したときにする手続きです。
農地転用する(4条・5条)
農地を耕作以外の目的(住宅、駐車場、資材置場、太陽光パネルなど)で利用したい場合にする手続きです。
除外申請(農振除外)
農用地区域内農地(青地農地)を農地転用したい場合にする手続きです。
青地農地で農業用施設の建築(軽微変更)
青地農地(農用地区域内農地)に農業用施設を建築したい場合にする手続きです。
農地ではない証明(非農地証明申請)
本来農地である土地が長年農地として利用されず、現在農地でないことの証明をする手続きです。
農業用施設証明申請
200u以内の自己所有農地に農業用施設を建築したい場合にする手続きです。
農地転用が終わった後の手続き(転確)
農地転用が完了した後にする手続きです。
土地改良区申請
農地転用の際に土地改良区へする手続きです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトマップ(目次) 事務所ご紹介 代表者ご紹介 許可までの流れ 料金のご案内 お問合せ 農地Q&A